わたしの信条

公正、誠実、勇気!

自分への戒めです。

わたしの活動ビジョン

誰もが、ずっと住んでいたいと思えるような、となり同志で挨拶ができる、安全・安心な魅力あるまちづくりです。

わたしの強み

全国各地・海外での自衛隊勤務・訓練で培った総合的な危機管理能力と、頼れる街の法律家としての行政書士の実績です。


ごあいさつ

 はじめに、東日本大震災、九州熊本地震などの災害により犠牲になられた方々に、心からご冥福をお祈りするとともに、いまだ不自由な生活をされておられる方々の、一日も早く安心できる生活が戻ることを、心からお祈り申し上げます。

 私は、東日本大震災を陸上自衛官として仙台駐屯地において体験し、自らもロッカーの下敷きになりながら、幸運にも命をとりとめました。小雪まじりのなか、ガレキを取り除きながらジープを走らせ、仙台平野沿岸の災害派遣に出動したことは、今も鮮明に脳裏に焼き付いております。

 この間、人命救助、物資輸送、避難所の炊き出し支援など、地域の方々、民間団体、各行政機関と協力しながら任務を遂行できたことに、誇りを感じております。

 その後、大震災の翌年の防衛省定年退職以降は、より地域の方々に寄り添った、顔の見える社会貢献をしたいという思いから、行政書士を開業するとともに、仙台市議会議員(宮城野区選出)として地域の福祉の増進のため活動しております。
 
 結びに、今後も皆様の声なき声に思いを致し、安全・安心な魅力あるまちづくりを目指して、一所懸命、汗を流しますので、より一層のお力添えをよろしくお願いします。 お身体ご自愛ください。